歯周病とはどんな病気?

歯周病の特徴について

口腔内の病気として歯周病は有名ですが、歯を支える骨が溶けていく病気であり最終的に歯が抜けてしまうものであり、歯周病の特徴としては進行過程で自覚する事が難しく、知らない間に進行していく可能性があります。

痛みがあれば途中で気が付いて歯医者に行く事も出来るのですが、痛み等で気が付けないという事が治療を難しくさせており、歯垢を除去する事が対策として必要であり、歯垢は歯周病の引き金になる菌の塊ですから、普段から歯磨きを行なったり歯医者でケアを行って対応する事が有効です。

初期段階から治療に入れると進行を止めてリスク回避する事が出来ますから、定期的に歯医者に行ってチェックしてもらうと自覚出来ない歯周病も見つかり治療に入れます。

加齢によって歯周病リスクが高まる

歯垢の塊が影響して歯肉が腫れたり下がったり、歯を支える骨が溶け出して抜けたりとする歯周病ですが、これは加齢によってリスクが増えていく特徴があり、中年以降は免疫力低下によって歯垢が歯の奥にまで侵入する可能性が高まり、歯を溶かしやすい環境になるからです。

日常の歯磨きや歯間フロスといったもので歯垢除去を行っても、歯周ポケット等の部分の汚れは取り難いですから、歯医者に通って歯垢のケアを行ってもらう事も必要と言えます。

歯周病ケアでは自己ケアと歯医者に行ってもらうケアを組み合わせる事でリスクを減らす事が出来ますし、歯医者ではレントゲン撮影等を行って歯周病がどの程度進行しているか確認する事も出来ますから、初期段階で対策を取る事が有効です。