歯周病を治療する際の注意点

歯周病治療には適切な歯磨きを心がけて

ジワジワと蝕んでくる歯周病。歯のぐらつきや痛みが気になったら歯医者に行って治療してもらう必要があります。そのときに注意しなければならないことがあります。
まず歯周病なる原因は長い期間、適切な歯磨きが行われていないことです。ちゃんと磨いているつもりでも、細かい隙間のプラークが取りきれていなかったり、歯茎にダメージを与えていたりして歯周病の対策になっていなことも多いです。
歯周病の治療中は歯医者さんが適切な歯磨きの仕方を伝授してくれる場合がほとんどなので、それをよく聞いて自分の歯並びに合った歯磨きを身に付けると、歯周病の再発防止にもつながります。治療を受けて治ればいいやじゃなくて、きちんと自分で治す意識が大事です。

糖尿病の方と喫煙者に注意してほしいこと

ここからは該当する人に限り注意することがあります。
糖尿病がある場合は、治療の効果が思うように上がりません。高血糖の場合は感染しやすいのと、インスリンの抵抗性が関係してきます。また、血糖値を上手くコントロールできない状態だと感染のリスクが高まるので歯医者さんでの治療が受けにくいのです。歯周病の治療を受ける際には、必ず糖尿病であることや、お薬を服用していることを事前に歯医者さんに伝えおきましょう。
喫煙者の方も注意が必要です。喫煙をしていると歯ぐきを含めた全身の血行が悪くなるため、治療中の傷の治りが遅くなってしまいます。せめて治療中だけでも禁煙をするように努めると治療の効果も上がりますよ。
以上のことに気を付けて歯周病治療を受けると、効果が上がって早く治り、再発防止にもなります。